FC2ブログ
2017/11/29

極寒になる前に釣りでも行きたいが今年はどっか行こうと思う度に雨が降る…。

レースでもこんなに雨の多かったシーズンは記憶に無いな。


NSF100用のエンジンですが腰上のみのメンテナンス。

ピストンリングの吹き抜け具合からそこそこは走行距離が出ている様です。

ピストンやリングの部品交換のみで済む2stのNSR50なんかとは違い4stの腰上は結構やる事が多いです。

メンテの前にまずカーボンをキレイに除去します。

DSC_0003_convert_20171129155250.jpg

バルブのアタリ幅、アタリ位置やシートの状態を確認後状況に合わせてシートカットし擦り合せ、漏れの確認。

カムチェーンテンショナーは消耗が早いんですが新品でも初めはすぐに磨耗するので交換時期は判断が難しい所です。

DSC_0004_convert_20171129155308.jpg

ロッカーアームのアタリ面の段付きやバルブ先端のアジャストスクリューのアタリ面、アジャストスクリューの磨耗なんかは比較的見落としやすいので要確認。

DSC_0005_convert_20171129155331.jpg

バルブタイミングやタペットクリアランス、カムチェーンの張り、バルブのアタリ幅や調整する部分は結構多いんですが各ショップさんでもやり方はそれぞれです。

シリンダーとヘッドの間、ヘッドとカムホルダーの間の4ヶのノックピンはすぐに焼けてしまいます。

DSC_0006_convert_20171129155356.jpg

再利用のノックピンはカムホルダーやヘッドがスッと取れなかったり組み立て時スムーズに入らない事が多いので基本分解時にはかならず新品に交換します。

ちなみによく間違えている人がいますがシリンダーとクランクケースの間に入っているノックピンは径は同じでもヘッド回りのノックピンとは違っています。

DSC_0007_convert_20171129155415.jpg






スポンサーサイト

T-TECH

ミニバイクのエンジンオーバーホール・チューニングや加工・パーツ販売・車両製作・レース活動等何でもお気軽にご相談下さい。

工場 大阪府堺市美原区大保258
TEL 072-349-8966 
FAX 072-349-6292
mail team_t_tech@ybb.ne.jp