FC2ブログ
2017/08/30

NSR50/NSF100/GROM/エイプ ホイールベアリング用インストーラー

先日ホイールベアリングの交換作業を紹介しましたがその際使用していたベアリング圧入用のカラーを販売用に作ってみました。

IMG_6162_convert_20170830155938.jpg
IMG_6142_convert_20170830155931.jpg
IMG_6173_convert_20170830160028.jpg

NSR50の前期型、後期型の両ホイールやNSF100はもちろんエイプ、XR、GROMでも使用出来ます。

各車両とも左右や前後のベアリングの大きさが違う為どちらにもにも対応出来る様にカラーはリバーシブルになっています。

また圧入時ベアリングの内輪を押して痛めてしまわない様に凹形状になっています。

ベアリングの交換手順ですがまず市販のベアリングプーラーでベアリングを取りはずします。

DSC_0001_convert_20170822215657.jpg

ハスコーやスーパーツールのベアリングプーラーが扱いやすいんですが結構高価なのでホイールベアリングを取り外すだけなら安価なア○トロやス○レートのベアリングプーラーでも十分使用外せます。

片側だけ外せば反対側は適当なもので打ち抜けます。

DSC_0002_convert_20170822215727.jpg

あまり太いシャフトを使うとホイールの内側を破損してしまう場合があるので十分確認して下さい。

付属のシャフト片側にディスタンスカラー、ベアリング、カラー、ナット、ワッシャーをセットしホイールに差し込みます。

DSC_0004_convert_20170822215800.jpg

反対側からベアリング、カラー、ワッシャー、ナットをセットしあとはレンチ類で軽く止まる所まで締め込んでいきます。

DSC_0003_convert_20170822215742.jpg

DSC_0005_convert_20170822215816.jpg

必要以上に締め込むとベアリングとディスタンスカラーを強く挟み込み過ぎてしまい動きが悪くなる場合もあるので締め込み過ぎに注意して下さい。

作業時間1本15分程度で簡単に上手く交換出来ます。

同じ要領でフレームのステアリングステムのベアリングレースの取り付けにも使用出来ます。

WEBショップも方からご購入頂けます。

3本スポーク用、6本スポーク用のベアリング、ディスタンスカラーのセットも一緒に購入頂けます。





T-TECH製品のご購入はこちらから T-TECH ウェブショップ

メールまたはTELでの注文も可。  
【mail】 team_t_tech@ybb.ne.jp  【TEL 工場】 072-349-8966または072-258-0051


エンジンオーバーホールのご依頼はこちら

  NSR50/80/mini系エンジン    

  NSF100/エイプ/XR系エンジン


その他加工各種はこちら

各種加工等

お問い合わせ  【mail】 team_t_tech@ybb.ne.jp  【TEL 工場】 072-349-8966または072-258-0051








スポンサーサイト

T-TECH

ミニバイクのエンジンオーバーホール・チューニングや加工・パーツ販売・車両製作・レース活動等何でもお気軽にご相談下さい。

工場 大阪府堺市美原区大保258
TEL 072-349-8966 
FAX 072-349-6292
mail team_t_tech@ybb.ne.jp