FC2ブログ
2017/07/27

シーズン真っ盛りですが自分は涼しくなるまでシーズンオフ、暫くレースに出る予定がないのでなんとなく覇気が無くなっとります。

もう歳なんで全然乗っていないとちょっと人間の退化具合が心配やケド~…。

エイプ系エンジン、シリンダー内の一部が窪んでしまってもう使いものになりません。

DSC_0003_convert_20170727112136.jpg

これエンジントラブルではなく長期動かしていなかった事による腐食です。

ず~っと動かしていないとピストンリング上に水分やオイルが溜まり変色から始まりその内腐食していきます。

特にこの場合シリンダーの中間辺りでピストンが止まっている為バルブが開いており湿気も進入やすく痛みが早くなります。

長期保管の場合はもちろん数週間動かさない場合でもピストンを上支点にしておくだけで状態維持に役立ちます。

レース車両は特に毎回走行終了後はフライホイールを回し上支点に合わせておく事でバルブスプリングのヘタリやキャブからのガソリン、異物の進入も防げます。

毎度となると面倒ですがこうした少しの気遣いが出来てる出来てないで結果も大きく変わってくると思ってます。






T-TECH製品のご購入はこちらから T-TECH ウェブショップ

メールまたはTELでの注文も可。  
【mail】 team_t_tech@ybb.ne.jp  【TEL 工場】 072-349-8966または072-258-0051


エンジンオーバーホールのご依頼はこちら

  NSR50/80/mini系エンジン    

  NSF100/エイプ/XR系エンジン


その他加工各種はこちら

各種加工等

お問い合わせ  【mail】 team_t_tech@ybb.ne.jp  【TEL 工場】 072-349-8966または072-258-0051












スポンサーサイト

T-TECH

ミニバイクのエンジンオーバーホール・チューニングや加工・パーツ販売・車両製作・レース活動等何でもお気軽にご相談下さい。

工場 大阪府堺市美原区大保258
TEL 072-349-8966 
FAX 072-349-6292
mail team_t_tech@ybb.ne.jp