FC2ブログ
2012/02/29

オイル漏れ

NSR50/80のブリーザーに関してコメント頂いたのでちょっと書いてみました。

地面にオイルが落ちているので後ろ上側のエンジンハンガー部分からオイルが出ているかも、との事です。

この部分はブローバイガスを抜く為の穴と言うのはちょっと違うと思うんですがエンジンが温もった時に高くなる内圧を外に逃がす為の部分です。

クランクケースの合わせ面に溝がありここから内圧がハンガーのボルト・ナットを通す部分から外へ出ます。

CIMG1324_convert_20120229214229.jpg

逃がした圧がエンジンマウントのボルト・ナットで塞いでしまわないように右側のボルト・ナットの当たり面にも溝が付いています。

CIMG1326_convert_20120229214249.jpg

このエンジンマウント部分は噴出したオイルが外に出にくい様に2層になっており下の層にオイルが溜まりクランクケースセンターの溝と奥に見えるクラッチ側に設けられた穴からオイルがエンジン内に還る様になっています。

まぁ、ちょっとしたオイルキャッチタンクになっている訳です。

CIMG1327_convert_20120229214306.jpg

普段はほとんど気にもしていない部分ですが実はもの凄く考えて作られています。
(知っていても特になにも無いんですが…。)

で、結局ここからオイルが出てしまうのはかなり稀です。

昔のS12なんかは小さいラジエターに16000rpm位回して高い水温で走っていたのでエンジン自体の温度が上がり過ぎ出てくる事もありましたが最近ではほとんどみません。

考えられるのはオイル量がかなり多い場合や冷却水がエンジン側に入って油面が高くなってしまっている場合くらいです。

その他にオイル漏れかも?の原因としてキャブレターの吹き返しやオーバーフローによるものもよくあります。

特に低回転を多用する街乗り仕様でチャンバー・直キャブの場合は吹き返しの混合ガスがキャブレター下のケース部分に溜まりガソリンは気化してオイル分のみがエンジンを伝って下へ落ちる場合です。

チャンバーのクラックからオイルが滲んできたりチャンバーボディとサイレンサーのつなぎ目からオイルが伝って下に落ちる場合もあります。

シリンダーとマフラーのエキパイ部分からの排気漏れのオイル分が下まで落ちる事もあります。

単純にケースのセンターガスケットからやクラッチカバーのガスケットからの漏れもあります。

オイルが漏れてるかも?の原因は結構色々あるので見つけたらまずきれいにふき取りコマメにチェックして原因を特定する事です。
スポンサーサイト

T-TECH

ミニバイクのエンジンオーバーホール・チューニングや加工・パーツ販売・車両製作・レース活動等何でもお気軽にご相談下さい。

工場 大阪府堺市美原区大保258
TEL 072-349-8966 
FAX 072-349-6292
mail team_t_tech@ybb.ne.jp