FC2ブログ
2011/09/30

Rクランクケースカバー

NSR50/80のRクランクケースカバー。エンジン自体はOHしてもこのカバーは案外ノーメンテで随分痛んだ物が多い。

CIMG8500_convert_20110929234741.jpg

塗装されているカバーは1995年以前で古い物はすでに24年経っています。新しい物でも17年物。そりゃ塗装も剥げるし痛みも出て当然です。

が、キレイで良い状態にしておきたければこれも新品同様に復活します。

まずは水廻り。ウォーターポンプ廻りはかなり錆びています。オイルシール・メカニカルシール・ベアリングを取り外します。

CIMG8501_convert_20110929234757.jpg

CIMG8504_convert_20110929234829.jpg

続いてタコメーターギヤ。適当なピンで打ち抜きます。オイルシールごと外れます。
(オイル漏れしてました。)

CIMG8505_convert_20110929234844.jpg

CIMG8506_convert_20110929234902.jpg

すべての部品が取れたら剥離剤で塗装を落とします。普段は強力な業務用の剥離剤を使用しますが臭いがきつく少量では手に入りづらいので今回はホームセンターで売っている市販品で。

CIMG8508_convert_20110929234919.jpg

塗装が浮いてきたら適当な物でこすって剥がしそこそこ取れたら水で洗います。

CIMG8509_convert_20110929234936.jpg

完全には取れないので残りはブラストでキレイに。

CIMG8511_convert_20110929235012.jpg

ブラストをかけるとザラザラになり曇ったネズミ色で質感が悪くなるのでマル秘表面処理でツヤツヤ、ツルツル、ピカピカに。

CIMG8514_convert_20110929235029.jpg


後はシールやベアリング類を新品に交換し元通り組み立て完成。

これで後10年は持ちますな。
スポンサーサイト

T-TECH

ミニバイクのエンジンオーバーホール・チューニングや加工・パーツ販売・車両製作・レース活動等何でもお気軽にご相談下さい。

工場 大阪府堺市美原区大保258
TEL 072-349-8966 
FAX 072-349-6292
mail team_t_tech@ybb.ne.jp