FC2ブログ
2010/03/31

車体関連 Vol.1

フロントフォークスプリングを作ってみました。
リヤサスは各社から高性能なサスが出ていますがフロントサスのパーツはあまりなくセッティングの選択支も少ないのでちょっとこだわったスプリングにしてみました。
純正との違いでパッと見て1番分かり易いのがスプリングピッチ。
miniの純正スプリングはコスト面でもピッチが広い方が安く出来る上軽量になる為スプリングピッチが広くなっています。
しかしピッチの広いスプリングはヘタリやすくしばらく使うと長さにバラつきが出てしまう上、動きも大雑把な感じがあるのでストロークに影響しない範囲で巻き数を増やし動き易くしました。
またフロントフォークスプリングは長くバネレートが低いので座屈現象(縮む時に横方向へスプリングが逃げる現象)がおきます。
miniのフォークはインナーチューブ内径に対してスプリングの外形サイズに余裕がありガタつきがあるのでこのスプリングは座屈現象がなくなる様ギリギリのクリアランスにする為外形を若干大きくしています。
ピッチが狭くなるとスプリングが縮み易くなるので剛性を上げる意味も兼ねて線径を若干太くしバネレートは純正と同じ0.5kになるようにしました。
一般のスプリング屋さんなら安く作れるんですが材質やしっかりした表面処理にもこだわりたかったのでコストはかかりますがサスペンション専門のスプリングメーカーさんで各所相談しながら作りました。
テストの結果も良好ですがもう少しテストして問題なければ販売します。
ハードの0.55k・ソフトの0.45kも検討しています。
価格は…ちょっとこだわり過ぎてコストがかかり過ぎたのでリヤサススプリングなみの価格になってしまいそうです。
スポンサーサイト

続きを読む

T-TECH

ミニバイクのエンジンオーバーホール・チューニングや加工・パーツ販売・車両製作・レース活動等何でもお気軽にご相談下さい。

工場 大阪府堺市美原区大保258
TEL 072-349-8966 
FAX 072-349-6292
mail team_t_tech@ybb.ne.jp