FC2ブログ
2016/03/19

ラバーセパレーター

オープンクラスやSP100クラスでオイルクーラーを使用する為クラッチカバーも社外品へ変更している場合右側のクランクケースのオイル溝に導線を変更する為のゴム栓が入っています。

DSCN1027_convert_20160319194939.jpg

過去何台かこのゴム栓が油圧で移動しシリンダーやヘッドに行くオリフィスを塞いでしまいヘッド回りが全滅した例があります。

DSCN1029_convert_20160319194956.jpg
DSCN1031_convert_20160319195013.jpg

ゴム栓を入れる時は接着等で固定するのが通常ですがそれでも長期使用していると動いてしまう場合があります。

オリフィス手前には段差があるので完全にオリフィスに被さる所までは行きませんがそれでも手前まで移動しているのはよく見かけます。

武川製のラバーセパレーターは通路の凹み部分に合わせた形状になっている為移動してしまう心配がありません。

DSCN1026_convert_20160319194916.jpg

それ程問題無いと思いますが他社製のカバーを使用するとクラッチカバー側からケース側への通路を半分くらい塞いでしまうので念の為ガスケットにかかる一部分はラバーを削って使用します。

DSCN1032_convert_20160319195032.jpg

安いものなので大ダメージを受ける前に交換しておくと案心です。

大急ぎのSP100エンジン完了。

DSCN1033_convert_20160319195051.jpg






T-TECH製品はこちらから T-TECH ウェブショップ

メールまたはTELでの注文も可。  
【mail】 team_t_tech@ybb.ne.jp  【TEL 工場】 072-349-8966または072-258-0051


エンジンオーバーホールのご依頼はこちら

  NSR50/80/mini系エンジン    

  NSF100/エイプ/XR系エンジン


その他加工各種はこちら

各種加工等

お問い合わせ  【mail】 team_t_tech@ybb.ne.jp  【TEL 工場】 072-349-8966または072-258-0051




















スポンサーサイト
2013/11/11

GP100クラス?

GP100クラス(100ccのオープンクラス)用のエンジンですが社外品のKITを使わずノーマルシリンダー・ノーマルヘッドで。

腰下も含めほとんどノーマル部品なのでSPエンジンにちょっと盛ったくらいか。

各所少しづつ詰めれる所は詰めて軽く加工出来る所は加工してっ感じなんでカートコースではまずまず楽しめそうですがロードコースではさすがに厳しいか。

腰下も結構くたびれていたんで消耗部品は交換。

カムチェーンテンショナーも随分ヘタって真っ直ぐになってます。

CIMG3334_convert_20131111192610.jpg

ベアリング類も少しガタが出ていたので交換しました。

CIMG3333_convert_20131111192631.jpg

ちょっとSPと比べてみたい。

CIMG3337_convert_20131111192656.jpg
2013/05/13

XR100モタード STエンジン

XR100ST用のエンジンで新車からの走行距離は少ない様ですがあまり速くなく1度もヘッドを開けていないとの事でとりあえず腰上のみチェックしました。

カムホルダーの締め付けトルクがありえない数値で締まってた。

ヘッド・バルブ共にキレイでしたがインレット・エキゾースト共バルブの当たり幅がかなり広い。

擦り合わせする前にシートカットして当たり幅を調整。

バルブの当たり幅は狭い程気密が高くなりパワー的に有利ですが逆に熱引きが悪くなり最悪バルブを痛める事もあります。

熱を持つエキゾースト側は少し広く、ガソリンで冷えやすいインレット側は狭めにします。

シートカットせず擦り合わせばかりしていると当たり幅だけどんどん広くなりバルブの当たり位置も適切な位置からズレてしまいます。

各所調整し車体に積んで完了。

そういえば4stのヘッドはカーボンを取るのがなかなかに大変。

あまりこすったりせず時間をかけてゆっくり溶剤で落としてます。

CIMG2799_convert_20130510140914.jpg

2013/04/26

オープンからSP

オープン用エイプ115ccエンジンを100ccのSP用へ変更しOH。

CIMG2756_convert_20130426123036.jpg

元の115ccエンジンにも部品の組み合わせで少し問題があったりで修正。

付属してもらっていた部品もあまり状態が良くなかったりで結局使わず。

微妙な部品はケチらず交換しとかないと後で何が出るかわからない上やり直しになると余計に費用や手間が掛かる事になるのできっちり交換しといた方が吉。

CIMG2781_convert_20130426123053.jpg

CIMG2782_convert_20130426123111.jpg
2013/02/28

NSF100/エイプ100/XR100 フライホイール軽量化

NSF100やエイプでのSPクラスでフライホイール軽量化は賛否両論ある様ですがウチでは軽量して使っています。

マフラーやコースで相性もあるかと思われますが総合的に見ても軽量している方が良い方向です。

最後は5グラム単位でテストし950g+-5g位で落ち着いています。

CIMG2425_convert_20130225174710.jpg

NSF100/エイプ100/XR100等のフライホイール軽量加工は3,000円です。

T-TECH

ミニバイクのエンジンオーバーホール・チューニングや加工・パーツ販売・車両製作・レース活動等何でもお気軽にご相談下さい。

工場 大阪府堺市美原区大保258
TEL 072-349-8966 
FAX 072-349-6292
mail team_t_tech@ybb.ne.jp